意味が伝われば発音はどうでもいい?

こんばんわ。


タイトルの通りです。どう思いますか?


これは外国人に日本語を教える時の最初のテーマです。

皆さんはどう思いますか?


演劇は「気持ち」を伝えるレッスンが多いですよね。

「気持ち」を伝える前に、その発音を指摘されたことはありますか?


完璧な発音が全て!と言っているわけではありません。

子音にも母音にも「許容範囲」というものがあります。

同民族同士だからこその「許容範囲」が。


それに甘えていませんか?


その許容がギリギリの場合、聞き手側の「脳の負荷」を考えたことはありますか?


ちょっと置き換えてみましょう。

目に見えない「発音」「音声」

これを目に見える「文字」に置き換えますね。


皆さん、雑誌や小説など本を読まれると思います。

その雑誌の印刷が「手書き」だったらどうでしょう?


まあ一応読めますよね。綺麗な文字ならば。

では「クセ字」だったらどうでしょう。


一応読めるとは思います。「許容」ならば。

でも、それ小説だとして何ページまで読めます?

途中で閉じるんじゃないですか?


では「許容」を超えたものは?

いわゆる「殴り書き」と言われるもの。


とても読めませんよね?




これ、発音にも同じことが起こっています。


言葉を「目から取り込む」か、「耳から取り込むか」の違いです。


さらに印刷の文字が小さかったらどうでしょう。。。


声の小さい人はこれと同じです。

「聞き手の脳の負荷」考えたことあります?


負荷がかからなかったら、、、


脳はその軽くなった部分を「イメージ」に回すことが出来ます。


「魅入る」「引き込まれる」状態を作り易くなるんですよ。



あなたの発音。


聞き手に負荷を与えていませんか?




Copyright © 2017 by Chatanido.INC  All Rights Reserved